読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

鎌倉新書主催 2017年新春交流会&セミナー『大予測・2017年、業界はこうなる!』が行われました

2017年1月23日に、鎌倉新書主催 2017年新春交流会&セミナー『大予測・2017年、業界はこうなる!』が行われました。

 

セミナーでは「どう動く!2017 年エンディング業界最新動向」と題しまして、当社代表の清水がご挨拶方々、登壇しました。

 

代表の清水からは、「ライフエンディング業界は、ニーズはあるけれど、ニーズがそのままで終わりやすい傾向にあります。

ニーズをウォンツや緊急性の高いものにに変えると、ビジネスに繋がっていきます。

何をどのように考えるかというのは、試行錯誤しながら進めていくしかありません。

私自身もそうですが、勉強に投資をして、学びを蓄積していくことが大切です。

本セミナーが、少しでも皆様の学びのお役に立てると幸いです」とお話ししました。

f:id:ks_pr:20170123141149j:plain

 

当社の総合情報サイト「いい仏壇」「いいお墓」「いい葬儀」の各事業部長が登壇しました。

各サイトが堅調であることのご報告および、コンバージョンレートをあげる方法や、仏壇・お墓・葬儀、それぞれの業界の傾向や対策を説明しました。

 

弊社執行役員 上村和彦が「イマドキのSEO事情」というテーマで登壇しました。

f:id:ks_pr:20170123151451j:plain

オーガニック検索について、SEO対策の歴史を振返りつつ、スマホサイトの最適化・コンテンツの充実化が大切と語りました。

 

その後、協賛企業様から事業内容と商品・サービスをご紹介しました。

 

有限会社川本商店は、墓装用品・神仏具などの製造や販売をしている企業です。

f:id:ks_pr:20170123153952j:plain

代表取締役社長 川本恭央様からは、景観を損なわない美しいデザインのステンレス製の花立スタンドや、香炉ガード、お墓つくり終活バスツアーや、「みんてら」という寺院やお墓のプロデュース事業など、供養する気持ちをサポートするために、多岐にわたる商品やサービスの紹介がありました。

 

 

税理士法人チェスターの代表社員 荒巻善宏様からは「相続税の変更に伴い、依頼者が増加していますが、税理士法人チェスターは、グループ企業ですので、相続手続き関連のお困りごとを、クライアント様へワンストップで、ご提供できます。

f:id:ks_pr:20170123154339j:plain

また、ご希望の企業様へ葬儀アフターサポートの社内向け勉強会も開催しています」とお話がありました。

 

 

アイワ広告株式会社は、看板製作に特化した企業です。

f:id:ks_pr:20170123155241j:plain

マーケティングチーム看板ドクター 大辺良馬様より、売上アップにつながった事例を動画で紹介し、競合他社との差別化の図り方、強みの打ち出し方などの説明がありました。

 

 

株式会社エム・エス・アイは、電子出版システム、葬儀施行管理システムFDN、LED照明業務用無段階調光器などをはじめ、ソフトウェア受託開発のサービスを提供している企業です。

f:id:ks_pr:20170123155348j:plain

営業部マネージャー 信長大智様より、葬儀施行管理システム「FDN」が、「ホール」「担当者」「商品」ごとに一元管理でき、顧客サービス向上と、社内の業務効率化が同時に行えますと、ソフトウェアの紹介がありました。

 

 

本セミナーのプログラムの最後は、特別講演は「メディア環境の変化とインターネット広告」と題しまして、ヤフー株式会社のセールスディベロップメント部長 山田大輔様に登壇して頂きました。

f:id:ks_pr:20170123155826j:plain

 

消費者とメディア環境の変化について、ユーザーの生活とデバイスの関連性を「マルチスクリーン時代 デバイスの今」を動画でご紹介していただきました。

Yahoo!Japanの概況では、ファミリー層、主婦層のユーザーが多いことをお話し頂きました。

検索広告とネットワーク広告、SEOと検索広告の違いを事例を交えながら、解説して頂きました。

 

冠婚葬祭の業界特性とマーケット状況では、ユーザーの特徴として、以下の項目をあげました。

・特定地域で情報を探す。

・ニーズが顕在化している。

・すぐに解決したいお困りごと。

・複数社を検討したい商材。

 

以上のことを踏まえ、「冠婚葬祭ビジネスとインターネットは、親和性の高いプロダクトなので、検索広告とネットーワーク広告2つをご活用いただくことで、検索で捉えきれないユーザーをネットワークで捉えていけます。相乗効果により、広告効果を感じて頂けます。もしまだの方は、商品のご導入をご検討頂ければと思います」と締めくくりました。

 

セミナー終了後は、交流会にて多くの方に親交を深めて頂きました。

当社代表の清水がご挨拶させていただきました。

f:id:ks_pr:20170123170436j:plain

 

乾杯の音頭を、鹿児島県の上村葬祭 代表取締役 上村伸一様にとっていだきました。

f:id:ks_pr:20170123171027j:plain

 

会場の所々で、名刺交換や歓談の様子が見られます。

f:id:ks_pr:20170123171422j:plain

f:id:ks_pr:20170123180540j:plain

 

交流会会場では、協賛企業各社ブースを出展し、多くの来場者様と交流を図っていただきました。

f:id:ks_pr:20170123165805j:plain

株式会社エム・エス・アイ様のブース

 

f:id:ks_pr:20170123165816j:plain

税理士法人チェスター様のブース

 

f:id:ks_pr:20170123175022j:plain

<アイワ広告株式会社様のブース>

 

f:id:ks_pr:20170123172804j:plain

<有限会社川本商店様のブース>

 

f:id:ks_pr:20170123172847j:plain

 <ヤフー株式会社様のブース>

 

中締めは、株式会社アーバンフューネスコーポレーション IT事業推進役員 加藤勉様より、会場全体で万歳三唱でした。

f:id:ks_pr:20170123181027j:plain

f:id:ks_pr:20170123181147j:plain

 

ご参加頂きました皆様ならびに関係者の方々、誠にありがとうございました。

 

 

第5回 墓地概論の講義が行われました

2017年1月11日に、駿台トラベル&ホテル専門学校、葬祭マネジメント学科でお墓概論(全7回)講義の、第5回が行われました。

第5回の講師は、有限会社中村節朗石材 代表取締役 中村卓史さんです。
今回のテーマは「お墓が出来るまで ~丁場から墓地まで~」でした。

f:id:ks_pr:20170111170324j:plain

 

大学卒業後は、石材店での営業やアメリカの石材店での研修を経て、家業である石の採掘業に就かれたという、自己紹介から始まりました。

f:id:ks_pr:20170111170408j:plain

 

中村節朗石材の丁場で採掘される庵治石の歴史や特徴、庵治石で建立された著名人のお墓などについて紹介しました。

庵治石の希少性や高品質を維持するための加工技術、日本で採掘される他の石の種類と比較しながら説明しました。

 

石の採掘については、発破方法の違いによる石の割れ方の違いを解説しながら、丁場での発破の光景を動画で紹介しました。

f:id:ks_pr:20170111174145j:plain

 

丁場での発破の動画や石の切り出しの動画という、現場の臨場感の伝わる動画に生徒さんの目は釘付けでした。

f:id:ks_pr:20170111174258j:plain

 

「採掘道具」「採掘作業」「採掘をするということ」など、普通では、なかなか知り得ることが出来ない専門的な内容へと話は展開していきます。

また、実際にご依頼いただいたお客様の背景やお客様とのやりとりも紹介しました。

 

「石というのは、人工に作り出せない半永久的に残る唯一無二のものです。

私は、お墓というものは、家族の絆や想い、亡き人とこれからを繋げるものだと考えています」

「皆さんも、葬儀社や関連企業にお勤めになられると思います。

亡くなった方に関わるということは、悲しい想いをされた方が沢山いらっしゃいます。

ご遺族様の気持ちに寄り添って、ご遺族様が癒されるよう、しっかり勉強して頂いて、良い仕事ができるように頑張ってください」とエールを送りました。

 

野村證券株式会社主催「野村證券 玉川支店」にて開催された野村のハッピーライフセミナーに登壇

「自分らしさと家族の幸せのための『終活』最新事情」と題し、2017年1月11日二子玉川にある野村証券玉川支店にて、弊社代表取締役社長 清水祐孝によるセミナーが開催されました。

透き通るような青空のもと、平日のお昼にもかかわらず多くの方が参加され、熱心に聞き入っておられました。

f:id:ks_pr:20170111141259j:plain

 

はじめに、従来の「終活」の定義「人生の終末を迎えるにあたり、延命治療や介護、葬儀、相続などについての希望をまとめ、準備を整えること」について定義される内容の範囲が狭く、ワクワクしないと指摘しました。

本来の「終活」はもっとポジティブで後半の人生の自己実現を目指すものでなくてはいけないと言及しました。

 

有形の資産だけではなく個々人がもたれている無形の財産を、家族や親族、友人たちに、どう遺していくか考えるべきと訴えました。

f:id:ks_pr:20170111151247j:plain

 

次に最近の葬儀やお墓の事情を説明し、特に葬儀については、形式だけが残っている側面もあると述べました。

儀式よりも結婚式の披露宴のように親族や友人たちが亡くなった方をもっと偲べる場にすべきと提案した。とくに有名人などが行っている「お別れ会」の重要性を語りました。

 

最後に「終活」には締め切りがないため、1日伸ばしにしてしまうことが多いので、

「今日から、今から、できることから始めましょう」と締めくくりました。

第4回 墓地概論の講義が行われました

2016年12月21日、駿台トラベル&ホテル専門学校、葬祭マネジメント学科で「墓地概論」講義(全7回)の、第4回が行われました。

 

今回の講師は、株式会社はせがわの山門武史さんです。
今回のテーマは「お墓の販売・販促・運営の実際」でした。

 f:id:ks_pr:20120101000000j:plain

 

お客様は「何がきっかけでお墓を買うのでしょう?」「お悔やみのお客様とは、どういう状況でしょうか?」などと、生徒の皆さまに質問しながら、寿陵(生前建墓)のメリット、都立霊園や屋内墓苑の紹介、墓所形態や終活の注意点に至るまで説明されました。

 

 

続いては事例の一つとして、墓石にこだわり丁場(採掘場)まで足を運び、自分が建てる墓石を選んで決めたお客様の事例を紹介されました。
こちらのお客様は、自分らしさにこだわり趣味をいかして「多摩川の風になろう」というテーマでお墓作りをはじめ、相談のためお店に何度も足を運んでいただきました。

 

ご相談を重ねるなかで、お客様が自分のテーマにピッタリだと思い”宮城県産の伊達冠石(だて・かんむりいし)”という高級石材を決断されたことや完成したお墓を見たご家族も「面白いお墓を作ったなぁ」と良い反応をしてくれて大変満足していただけたことを語って頂きました。

こちらのお客様は、本日の講師である株式会社はせがわの山門様が担当されたので、お客様とのやり取りや伊達冠石をお勧めした経緯など、事例の背景も含め紹介して頂きました。

 

お墓の相談は、する相手がなかなかいないものです。

友達として親しくしていてもなかなか相談できないものなので、お墓の相談をお受けする仕事はとても責任とやりがいを感じられます。

皆さんも、この「墓地概論」講座で頑張って勉強してくださいね、と締めくくりました。

「2017年 新春交流会&セミナー」~大予測・2017年、業界はこうなる!~を開催いたします

株式会社鎌倉新書は、2017年1月23日に「2017年 新春交流会&セミナー」~大予測・2017年、業界はこうなる!~を開催します。

 

例年開催しております「大忘年会」に代わり、2017年1月23日(月)に鎌倉新書主催「鎌倉新書新春交流会&セミナー」を開催致します。
葬儀、石材、仏壇、寺院など供養関連各業界の方々に横断的にお集まりいただける会でございます。


プログラムは、「2017年大予想!!葬儀・石材・仏壇業界の最新トレンド」と題しまして、鎌倉新書代表と
各事業部長からご説明し、特別講演は、ヤフー㈱ セールスディベロップメント部長山田大輔氏より、「2017年はこうなる! ネットマーケティング大予想」についてお話をいただきます。


その後、交流会にて参加者皆様の親睦を深めていただこうと思っております。
どうぞ本会におきまして良き1年のスタートをきっていただけるよう、奮ってのご参加をお待ち申し上げております

 

【本会の概要】

●日時 : 2017年1月23日(月)14 : 00~19 : 00 (13 : 30より受付開始)
     セミナー 14 : 00~17 : 00
     交流会  17 : 00~19 : 00

●参加費 : 10,000円(税込み) 交流会では、飲食のご用意がございます。
      お二人目からのご参加 6,000円(税込み)/お一人
      ※お申し込み後、鎌倉新書より請求書を発送いたします。

●場 所 : TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール5A
      東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル別館(JR東京駅日本橋口徒歩約4分)

●スケジュール

13:30~ 受付開始
     2017年供養業界はどう動くのか、最新動向を交えながらお話します。
14:00~ 「どう動く!2017年エンディング業界最新動向」代表取締役社長 清水祐孝
      葬儀、石材、仏壇業界最新動向を各事業部長よりお話します。
14:20~ 「いい仏壇」事業部長 西本
14:40~ 「いいお墓」事業部長 川辺
15:00~ 「いい葬儀」事業部長 堀下
15:20~  イマドキのSEO事情:事業統括本部長 上村
15:40~  特別講演:ヤフー㈱ 山田部長
17:00~19:00 交流会

 


【お申込み】
こちらをクリックしプリントアウトして、必要事項をご記入の上、

FAX:03-6262-3529までご送付ください。

なお、お申し込みはメールでも受付ております。
メールでの申し込みをご希望の方は、
タイトルに「新春交流会参加希望」と記入の上、

書籍・コンテンツ事業部 猪田(いのだ)inoda-s@kamakura-net.co.jpまで
下記記入項目をメールにご記入いただき、ご連絡くださいませ。

 

【記入項目】
(1)貴社名

(2)郵便番号・住所

(3)参加人数

(4)参加者名

(5)参加者役職

(6)電話番号

(7)参加者メールアドレス(※参加者皆様のメールアドレスをご教示くださいませ)

 

f:id:ks_pr:20161221172126j:plain

『今は亡きあの人へ伝えたい言葉7(2016年度版)』刊行しました

        f:id:ks_pr:20161201151107j:plain

        今は亡きあの人へ伝えたい言葉7>(2016年度版)

 

株式会社鎌倉新書(本社:東京都中央区代表取締役社長:清水祐孝、以下 当社)は、当社が運営事務局を務める「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」プロジェクトにおいて、『今は亡きあの人へ伝えたい言葉7(2016年度版)』を刊行しました。

 

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」プロジェクトとは、亡くなった人に伝えたいことや感謝の気持ちを綴ったお手紙を広く公募し、選考させていただいた上で書籍にする取り組みです。

 

無縁社会”と言われるようになった今日の日本で、そうした側面をクローズアップするのではなく「人々の温かな思いを多くの人に伝えたい」との志から、家族や絆、人生を改めて考えてもらおうと2010年から始まりました。

 

今回も全国から寄せられたたくさんのお手紙の中から、選考委員により16編のお手紙(金賞1編・銀賞5編・銅賞10編・佳作100編)が選ばれ、入選したお手紙が1冊の書籍となりました。

 

鎌倉新書ECサイトにて好評発売中です。

なお、『今は亡きあの人へ伝えたい言葉 1~6』も、弊社ECサイトAmazonにて、発売中です。

 

kamakura.shop24.makeshop.jp

 

第2回 墓地概論の講義が行われました

2016年12月7日 駿台トラベル&ホテル専門学校で、「墓地概論」講義の第2回が催されました。(全7回)

講師には弊社の書籍・コンテンツ事業部の草川と小林が務めました。

 

第2回の今回は、前半を「お墓の歴史とこれから」というテーマで草川が担当し、後半を「多様化するお骨のゆくえ」とし、小林が担当しました。 

 

「お墓の歴史」の講義では、「墓」というのは家族や祖先を供養する場という目的でつくられた事。それが歴史を経ていく過程で形や供養のあり方が変化していったことを語りました。

 

受講者は将来、葬儀社に勤めることを目的とされている方がほとんどのため、真剣さがみなぎっていました。

 

「多様化するお骨のゆくえ」では、近年、マスコミ等でも話題となっている葬送について、ご説明しました。

お墓の所持や継承に関するグラフを見ながら、現状について解説しました。

 

樹木葬ひとつとっても、業者やお寺によってさまざまなサービスの提供のされ方があると、語りました。

 

今は家族の形などが大きく変化している時期。これからも、いろいろな供養の形が生まれるでしょう。