読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

6/14(木)・6/15(金) 日本石材産業協会年次大会2012に弊社が参加いたします

こんにちは。
鎌倉新書広報担当の大村です。

今回は、鎌倉新書が参加する日本石材産業協会年次大会2012についてご紹介します。
6/14(木)・15(金)に日本石材産業協会年次大会2012が開催されます。
弊社は初日のワークショップセミナ−、2日目の業者セミナー、常設展示にて参加いたします。

この大会では、お墓の関連業者やNPO法人が集まり、石材店向けのワークショップやセミナー、展示等を行います。
弁護士の方がお墓と法律問題について講演したり、塗料会社が墓石の汚れについてセミナーを開いたり、接着剤メーカーが墓石の耐震性について語ったり、と石材店だけでなく多くの企業が集まり意見交換をするようです。墓石について、多角的な視点で考えることができそうですね。

尚、弊社は、
・「石材店のためのインターネット活用術」についてのワークショップ講師
・「永代供養墓」に関するセミナー講師
・弊社商品である販促ツールや出版物の常設展示

・・・といったかたちでこの大会に参加いたします。

初日、14日のワークショップでは、
『お墓のポータルサイト、4人の運営者が語る!ネットの今とその活用術』
〜ここで差がつく!ネットをうまく活用できる石材店、できない石材店〜

というテーマで、お墓のポータルサイトを運営する法人4社によるパネルディスカッション形式。
”石材店のインターネット集客や一般消費者の動向”など、具体的事例を元にお伝えします。
弊社は「いいお墓.com」(ページビュー:1200万PV/年)を運営するお墓事業部長の西本がパネラーの1人として参加します。


2日目、15日の講演では、
『永代供養墓を石材店経営に活かす方法』
 〜嫌だからこそ知っておきたい永代供養墓の現状とその活用法

というテーマで、近年の家族・親族の在り方の変化とともに需要が増している永代供養墓について、弊社代表の清水とお墓事業部の草川がその現状と、石材店経営に活かす方法を語ります。

また、常設展では、弊社の商品である石材店向けパンフレットなどの販促ツールや、供養業界の出版物などを展示いたします。

6/14のワークショップは、石材産業会員の方向けのイベントとなっていますが、
6/15の講演や出版物展示は会員以外の方でも参加いただけます。
是非足を運んでいただければと思います。


詳細は弊社HPニュース&トピックス内でご案内しております。

2009年、2010年度のセミナー風景 写真
      

昨年は開催中止となった石材産業協会の年次大会ですが、今年は熱気あふれる大会になるのではないかと楽しみにしています!
皆様も、ぜひふるってご参加下さいませ。