読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

スタッフの送別会を行いました

皆さま、こんにちは。
鎌倉新書広報部の大村です。


この夏、弊社に多くの新しいスタッフが入社いたしました。
そして、数名のスタッフが、鎌倉新書を退職する運びとなり、新しい目標や夢に向かって新天地に飛び立つこととなりました。

部署ごとにこじんまりと送別会を行う予定が、他の部署から「自分も送り出したい」「部署は違うけど参加したい」という声が多く挙がり、それぞれの送別会は会社全体の大きなイベントとなりました。
また、送別会だけでなくAtoM活動の一環であるフライデーカメレオン制度にて、twitterを通して多くの感謝の言葉や別れを惜しむメッセージ、激励の言葉が寄せられました。


送別会の当日は、部署を超えて多くのスタッフが集まりました。

退職される方々には、社員全員が書いた応援メッセージとプレゼントが贈呈されました。
色紙には社員全員からの応援メッセージがびっしり!
送られたプレゼントは、退職される社員一人一人をイメージして幹事が選んだものです。

個人的にもたくさんのプレゼントが渡されていました。


角掛さんは、提携法人様のサイトのコンサルティング等を行っていました。そのバランス感覚と判断力に、多くのスタッフが頼りにしていました。繊細で鋭い感性の持ち主である角掛さんには他の部署のファンも多く、送別会には多くのスタッフが参加しました。


記本さんは経営企画・新規事業部にて仏教関連のサイト作成・運営などを行っていました。仏教とプリンが大好きで、ためになる面白い仏教の話をたくさん社内に提供してくださいました。また、美味しいプリンについてもたくさん教えていただきました。
鎌倉新書随一の”ゆるキャラ”で、多くのスタッフから人気のあった田添さんは、弊社の出版する月刊『仏事』スタッフとして取材や記事作成、校生など、ありとあらゆる業務をこなす、月刊『仏事』のスペシャリストでした。弊社の月刊『仏事』はずっと彼に支えられていました。


情報システム部に所属されていた伊藤さんは長い間、社内のインフラ環境を支えてくださいました。ネット事業を核としている弊社にとってインフラ整備と環境安定化は必須。スタッフは皆、少しでも不具合があれば伊藤さんを頼りにしており、伊藤さんは毎日引っ張りだこでした。

鎌倉新書で大活躍だった皆さんが去ってしまうのはとても淋しく残念ではありますが、最後にゆっくりとお話をして、素敵な思い出をつくることができました。
今まで忙しく、バタバタしていたかと思うので、まずはゆっくり休んで、それから新たな道を進んでくださいね!

   

角掛さん、記本さん、田添さん、伊藤さん♪
それぞれの新しいスタートを心から祝し、また次のステージでの活躍を応援しています。
今までほんとうにありがとうございました。

会社を離れてもずっと仲間です。また是非遊びにいらしてくださいね♪