読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

第3回「いいお墓」セミナー、ご好評頂き終了いたしました

こんにちは。鎌倉新書、広報の榎本です。

 

遅くなりましたが、2015年7月27日に、やまと石材と鎌倉新書の共催でいいお墓セミナー「第3回 失敗しないお墓選び」を開催いたしました。(講師 松島龍戒氏他)f:id:ks_pr:20150727141011j:plain

弊社のお墓事業部の田中が鎌倉新書とお墓情報サイト「いいお墓」の説明をしました。

 

 

f:id:ks_pr:20150727141857j:plain

やまと石材さんより、お墓についての説明がありました。

 

 

f:id:ks_pr:20150727152651j:plain

講師の松島龍戒先生(高野山真言宗功徳院住職・テレビ朝日「ぶっちゃけ寺」出演)に、「元気なうちにお墓との付き合いを深めておくことの重要性」をお話ししていただきました。

 

 

f:id:ks_pr:20150727150501j:plain

 「お墓を建てれば、いずれはお寺との関係が生まれるものです。お寺に足を踏み入れにくいのは事実だと思いますが、元気なうちにお寺との付き合いを深めておくのは重要なことです。自分の墓に対する思いや死後のことなど、極めてプライベートな分野を相談するには、ある程度の信頼関係が必要でしょう。

(葬儀の際の)読経もお布施も、本来は生前からの結びつきの延長にあってこそ意味を成すものだと考えます。目に見えない買い物に価値を着けるのは皆様の心ひとつなのです。」

 

f:id:ks_pr:20150727152843j:plain

こう語る松島さんが住職を務める功徳院・すがも平和霊園では、写経、腕輪念珠づくりなど体験行事の他に、朝のおつとめのネット中継など様々な試みを行っています。松島さんはこうやって、お寺と人との縁の薄さをどうにか埋めようと模索しています。良いお墓選びとは、信頼に応えてくれる寺を見つけ、生前からお寺との絆を深めていくことでもあるのかもしれません。

ご来場のお客様、お越しくださいましてありがとうございました。

 

いいお墓セミナーは、『月刊仏事』に毎号セミナールポが掲載されています。
次回のいいお墓セミナーは8月28日開催、ゲストは弁護士の関谷巖さんです。

 

www.e-ohaka.com