読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

第6回「いいお墓」セミナー、ご好評頂き終了いたしました

本日2015年10月29日に、弊社(鎌倉新書)主催、いいお墓セミナー 第6回「いいお墓」セミナー 樹木葬? 納骨堂? 永代供養墓?「跡継ぎいらずのイマドキお墓」~ を開催いたしました。(講師 小野寺秀友氏他)

 

f:id:ks_pr:20151029140452j:plain f:id:ks_pr:20151029140850j:plain

鎌倉新書のお墓事業部田中てっぺいが、鎌倉新書とお墓情報サイト「いいお墓」の説明をいたしました。

また、「いいお墓」相談員と一緒にめぐる無料霊園見学会のご案内をいたしました。

(お問合先 「いいお墓」お客様センター:0120-432-221)

 

 

f:id:ks_pr:20151029141847j:plain

エピローグコンサルティング株式会社 代表取締役 小野寺秀友氏による「しつもんに答えるだけで、終活への想いが自然と湧いて出てくるエンディングノート講座」がありました。

 

エンディングノートを持っていても、書きあげている人は僅か1.3%という驚きのデータを示しながら、これから書く『マンダラエンディングノート』について説明いたしました。

 

◆直感でこたえてOK

◆本音でも建て前でもOK

◆伝え合いましょう

◆書くたびに違う言葉が出てきてもOK

◆書けなくてもOK

という、『マンダラエンディングノート』を書く上で意識することを確認しました。

 本セミナーでは、マンダラエンディングノート』(お墓編)を進めました。

 

f:id:ks_pr:20151029142344j:plain f:id:ks_pr:20151029142446j:plain

上のことを念頭に置きながら、参加者の方々は筆を走らせます。

スタッフも、テーブルに同席しながら質問の答えを書いていきます。

 

f:id:ks_pr:20151029142737j:plain

伝え合う際は、「拍手する」というルールもあり、

各テーブルで「私は●●なお墓が欲しい」などということで自然と会話が弾み、笑顔も見られます。

質問に答えて伝え合うと、自分の考えが深まります。

 

こちらのマンダラエンディングノート』は、マンダラ思考という思考法を元に制作しておりますので、自然と考えが深まるようにできています。

本日は、お墓編のみでしたがご自宅で他のページも記入してみてくださいね、という言葉で、特別講演を締めくくりました。

 

 

f:id:ks_pr:20151029150748j:plain

参加者様、それぞれに希望するお墓のイメージが固まったところで、
ニチリョク様から、樹木葬・納骨堂・永代供養墓について」
説明がありました。

このような新形態墓地の特徴をはじめ、選ぶポイントやデメリットも含めて、

霊園のご紹介を交えながら、丁寧にお話されました。

 

f:id:ks_pr:20151029155755j:plain f:id:ks_pr:20151029155806j:plain

セミナー終了後も、和気藹々とした雰囲気の中、

多くの参加者様が個別相談を希望され、お客様のご希望のエリアやタイプに合ったお墓について、ご相談を承りました。

 

ご参加頂きました皆様ならびに関係者の方々、誠にありがとうございました。

 

次回2015年11月30日開催のいいお墓セミナーは、講師に小野寺秀友さんをお招きし「エンディングノート」をテーマにお話しいただきます。

 

www.e-ohaka.com