読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

鎌倉新書の第33期が始まりました

こんにちは。鎌倉新書、広報グループの榎本です。

 

遅くなりましたが、2016年2月1日に、第33期キックオフミーティング(会場:harappa日本橋)を行いました。

 f:id:ks_pr:20160201173520j:plain

 

はじめに、事業統括本部 上村本部長より某国民的ロボットアニメを意識したあいさつがありました。

f:id:ks_pr:20160201173700j:plain

 

場がほんのりと温まったところで清水社長が前期の総括と、「Story」「セラヴィ」「看取り.com」といった新規事業を伸ばしていくという来期以降に向けた中期目標について語りました。

f:id:ks_pr:20160201173905j:plain

 

その後、部長、グループマネージャーが今期、来期以降の目標、展望を語りました。

 

お墓事業部は、現在の業界内での状況と今後の課題および今期の対策を話しました。

f:id:ks_pr:20160201175420j:plain

 

葬祭事業部は、高尾山、富士山、エベレストと「山に登る」と言っても、山の種類により、装備も心持ちも違うので、まずは登る山を確認したいと思いますと、山の例えから始まりました。

今期は新規事業の始まりの年なので、大切な年だと思っています。
全員で助け合い、長所にフォーカスし、仲間を褒め合う葬祭事業部と、強いチームワークを大切にしたいと語りました。

f:id:ks_pr:20160201180229j:plain

 

組織変更により新設された仏壇・新規事業部、書籍・コンテンツ事業部も事業計画を発表しました。

仏壇・新規事業部は、仏壇事業について今期の目標と、新規事業は今期、来期以降の中期計画を発表いたしました。

f:id:ks_pr:20160201181053j:plain

 

書籍・コンテンツ事業部は、「毎日1%の成長にこだわる」姿勢で業務にあたると意気込みと目標を語りました。

f:id:ks_pr:20160201181920j:plain

 

システムGマネージャーは流行りのお笑い芸人のフレーズ「安心してください」のスライドで笑いを誘いつつ、“みんなに優しいシステムへの改修”を目指すとしました。

f:id:ks_pr:20160201182422j:plain

 

経営管理部は、各事業部のスタッフが業務しやすい基盤づくりを目標としました。

f:id:ks_pr:20160201182826j:plain

 

人事部からは、「価値観と信頼関係」と「深く考える姿勢」を大切にしていきたいと発表がありました。

f:id:ks_pr:20160201182947j:plain

 

人事部の発表を受けて、「信頼関係」「考えること」をテーマに語りました。

f:id:ks_pr:20160201183128j:plain

社長が事業を継承したころ、自らが家庭を顧みず仕事に邁進していて、「私は結婚して、子供も増えていくのに、仕事ばかりして家に帰ってこない夫でした。

奥さん側から見たら、子供の世話が大変だから、当然「帰ってきて手伝ってよ...」と思っていたはずです

こういうことが続くと家庭でも、信頼関係を築くのが難しくなります。

 

会社も同様で、会社と従業員の関係も売上と利益のみというのは、風通しが悪く、パフォーマンスがよくならない。

会社と働いてる人の信頼関係というものは、会社が与えるものではなく、双方が考えていく問題です。

どうやったら作りだせるのか、すごく難しいことだと思うが、
でも、できなくはないのではと思っている。

会社と働いてる皆とが一緒に考えて、会社がより成長することにより、

働いてる皆が安心して家族を幸せにやっていけるような環境を作りたい。

f:id:ks_pr:20160201183207j:plain

 

また、「考える」ことが大切です。

「考える」ことが効率的な行動になり、「考える」ことが個人の幸福や家族の幸福につながります。

うちの親から事業を継承した際は、借金で苦労したけど、お陰でいろんな勉強ができました感謝すべき対象と思っています。

いま1歩、2歩、深く考えることにより、新しいアイデアが浮かび、事業につながり、 収益に結びつきます。

我々のやるべきテーマは、より一層「信頼」と「考える」をしていくことです、と締めくくりました。

の我々は、会社と働いてる人双方に“どのようにしたら更に信頼関係を育むことができるか考えること”及び“業務を深く考えて効率化つなげること”が大切」という提言で締めくくりました。

 

 

キックオフミーティング後は懇親会が開かれ、お菓子やお酒が振る舞われました。

f:id:ks_pr:20160201185842j:plain

f:id:ks_pr:20160201185224j:plain


部署や仕事の垣根を越えて、それぞれのテーブルに集まりお菓子をつまみながら、会社のことやプライベートのことなど、思い思いに語り合いました。(特に、ヨックモックのお菓子缶が置かれているテーブルには女性陣が集まり、プチ女子会が開かれていたとか・・・)

 f:id:ks_pr:20160201190045j:plain

f:id:ks_pr:20160201190110j:plain

今期は、“信頼”と“考える”をテーマに、一層のサービス向上を目指し、全社一丸となって誠心誠意努めてまいります。 

何卒ご支援、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。