社内の「ありがとう」を見えるようにしてみた<かましんの仕組み取り組み>

こんにちは、サイトウです。

新卒1期生として2013年に入社し、もう6年目。

毎年新しい人が入り、会社の雰囲気も常に変化し続けています。

でも、実際どんな空気の会社だと、自分も会社もお客様もHappyなのか。

そんなことを最近はツラツラと考えております。

かましんOKR人事制度改革Project制度*1(以下PJ制度)、、、今期から社内で様々な新しい取り組みがスタートしております。

(それぞれの詳しい説明は、また機会があればお話しますね。)

そういった中で、「評価とは違ったところでも、ふだん頑張っている人が認められるようにしたい」「もっと、お互いの活動に意識を向けられるような会社にしたい」という意見が出てきました。

最終的に「じゃあ、お互いに感謝のメッセージとポイントを贈り、それを見えるようにすればいいのでは!?」 というアイディアが生まれました。

 

みんなが感謝を贈り合う……それって「誰が」「どういう」仕組みにしたらできるのか??

 

「新しい取り組みが上手くいくかは99%が運用にかかっている」

…CFO須藤が口酸っぱく繰り返すこの言葉にあるように、仕組みが定着するには根気とアイディアが必要。

…会社から業務として、やってもらうのは簡単だが、それだと意味がない。

…みんなが進んで感謝を贈り合う状況を作るには、現場のメンバーを巻き込んでいく必要がある。

 

そういった議論もあって、今回はふだん主に経理・財務をやっているYさんが制度を活用し、PJを立ち上げ、各部から志を同じくするメンバーを公募しました。

 

これが鎌倉新書最初のPJ制度 活用事例「サンクスPJ」です。

 

経理・財務だけれども、役割を超えて活動できる

リーダーのYさんがなぜ手を挙げたのか、ちょっと聞いてみました。

「面白そうだなと思って手を挙げました。誰もやらないなら自分がやってやろうと思って」

「実際に仲間を募集した時も、何人かはアテがあったのですが、あまり集まらないだろうと思っていたんですよね。でも、ふたを開けてみたら思いのほかみんな参加してくれて、びっくりしました(笑)」

「サンクス制度の内容も、本当にポイントが必要なのか。どうすれば運用コストを最小限にできるのか。そもそも50人も参加してもらえないんじゃないか(メッセージを贈ってもらえないんじゃないか)。とか色々と考えましたね。」

 

確かに。わたし=サイトウも、このPJに参加したのですが、どうなるのかわからない、どうすればよいのかも手探りなのは少し怖かったですね。小心者なので。

ただ、上手くいけば会社の「ありがとう」を大事にする文化をより強固にできるのではとワクワクして参加即決しました(笑)

 

世界で一番「ありがとう」を、社内でも!

PJになったら、メンバーでこの仕組みを通じてどういう状態にしたいのかを話し合いました。

f:id:ks_pr:20191016151257j:plain

活発にアイディアを出すため、お菓子を食べながらのリラックス会議。

f:id:ks_pr:20191017170225p:plain

コンビニ菓子がメインながら、たまに誰かの高級菓子が紛れ込む(笑)


その結果、「世界で一番『ありがとう』を、社内でも!」を合言葉にして、

雇用形態に関わらず、みんなが「ありがとう」を贈り合っている状況を作る。

そして、その数字目標を「2019年1月末時点で社員の8割が利用している」としました。

 

具体的な「ありがとう」の集め方は、毎月月初に募集を行う形でトライアルです。

 

1ヶ月目は約90名、2ヶ月目で124名の参加と上々のスタートダッシュを切れたとはいえ、今後も継続してみんなが進んで参加してもらえるようには、まだ工夫する余地がたくさんあります。

f:id:ks_pr:20191015174336j:plain

青い落書き(勝手に命名:縦ロールちゃん)は秘かに流行らせたいと考えています。

これからもメンバーみんなで仕組みを修正していきつつ頑張っていきます!

 

鎌倉新書では、今もこうして新しい取り組みが次々と生まれています。

手を挙げれば、自分でリーダーとなってプロジェクトを回し、新卒1年目だろうが、中途だろうが、会社の空気を作り上げていける恐ろしいほどの自由さ。

 

これからどうなるのか、スペースマウン●ンとかのジェットコースターに乗っている気分です(笑)

 

 

 

🌸今日のありがとう🌸

先日、お世話になった方の送別会に参加しました。

送別会では、みんなでその方の思い出写真がプリントされたTシャツを作って着るという楽しい場面も。

今まで本当にありがとうございました!! これからもよろしくお願いします(笑)

f:id:ks_pr:20191017172427p:plain

おそろいの思い出Tシャツで送別会。

*1:会社にとって意味があると思ったことを、個人の目標や所属関係なく、企画を出して仲間を集めてPJを立ち上げられる制度

f:id:ks_pr:20130305101937j:plain