読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

〜お墓は思い出と一緒に残る〜 「わたしとお墓フォト」 募集開始

霊園と墓地の情報数 最大級! 全国のお墓が探せるポータルサイト「いいお墓」企画
〜お墓は思い出と一緒に残る〜 「わたしとお墓フォト」 募集開始
http://www.e-ohaka.com/photo

葬儀・霊園・仏壇など供養に関するサービスサイトを運営する株式会社鎌倉新書(東京都中央区 代表取締役社長:清水祐孝)は2014年10月16日、人物がお墓と写った写真を募集する、〜お墓は思い出と一緒に残る〜 「わたしとお墓フォト」 の募集を開始致しました。

〜お墓は思い出と一緒に残る〜 「わたしとお墓フォト」 は、お墓と一緒に撮影した写真を、エピソードを添えてお送りいただき、全国のお墓が探せるポータルサイト「いいお墓」で共有する企画です。
お墓は、亡くなられた方への感謝の気持ちや、故人への思いが詰まった大切なものです。しかし、お墓を建てるのは、ほとんどの方が初めてです。

お墓を建てたときの心温まるエピソードと写真を募集し共有することで、新しくお墓を建てる方の悩みや不安を払しょくし、一人でも多くの方に晴れやかな気持ちでお墓を建ててほしいと考えております。

あなたの大切な人を見送られた方へ。
―あなたは、お墓にどのような思いを込めましたか?
ご自分のお墓を建てられたあなたへ。
―あなたが思い描いたようなお墓ができあがりましたか?

お墓を建てるにあたり、大変だったことや悩んだこと、完成したときに感じたこと、嬉しかったことなど、エピソードとともに写真をお送りください。<募集テーマ>
「お墓とあなた(の家族)が写った写真を、エピソードを添えてお送りください。」
<応募写真について>
写真は、人がお墓と一緒に写っているもので、人が写っていないお墓だけのものはご遠慮ください。
また、写真には、その撮影当時の状況や、
・お墓を建てる際に心が温まった出来事
・お墓を決められたときの思い
・お墓に眠る方への思い  
・お墓を建てる際に大変だったこと
などのお墓にまつわるエピソードを書いてお送りください。<応募期間>
2014年10月16日(木)〜1月31日(土)
<賞品謝礼>
応募者には全員、500円のQuoカードを薄謝として贈らせていただきます。
<応募資格>
お墓をお持ちの方、どなたでも
<応募要項>     
★マークは必須
(1)氏名(フリガナ)★
(2)公開用ペンネーム(本名の公開が不可の場合のみ)
(3)住所★
(4)メールアドレス
(5)お墓と人物が写っている写真★
※応募者以外の人物が写っている場合は、本人の許可を必ず取ってからご応募ください
(6)写真タイトル★
(7)エピソード
(8)どなたのお墓か★
(9)お墓を建てた時期
(10)霊園・墓所
<応募方法>
応募フォーム、郵送、メールにてご応募を受け付けています。

【応募フォーム】
http://www.e-ohaka.com/photo

【郵送先】
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-4-2 三井第二別館3F
株式会社 鎌倉新書内 「わたしとお墓フォト」係
※応募要項を記入いただき、プリントした写真と一緒に上記郵送先までお送りください。
【メール先】
mail@e-ohaka.com
株式会社 鎌倉新書内「わたしとお墓フォト」係
※応募要項を記入いただき、写真を添付して上記メールアドレスにまでお送りください。
<応募規定>
・応募写真は、鎌倉新書関連のWEBサイト(『いいお墓』など)のコンテンツとして掲載いたします。全ての応募写真が掲載されるわけではありません。
・応募写真は返却いたしません。
・応募写真やエピソードは、掲載にあたって表現などに適宜修正行う場合があります。
・お写真を見た他のお客様からの感謝のメッセージが届いた場合、そちらも一緒に掲載させていただきます。
・ご応募は一人何点でも可能です。
<応募写真に関する注意>
・写真およびエピソードは、データ・手書きのどちらでも応募可能です。
・データ以外のものは、コピーしたもので応募してください。
・応募者自身の家族や友人など、了解の得ることの出来る墓所での写真でお願いいたします。
・写真データの場合は、最大2MBまでのJPEG形式でお願いいたします。
・アナログ写真や印刷した写真の場合は、A4サイズ程度まででお願いいたします。
・過度な修正や加工したと思われる写真はご遠慮願います。