読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

「直葬への対応」に関する葬儀社アンケート結果

 鎌倉新書では、提携している葬儀社を対象に「直葬への対応」に関するアンケートを実施し、アンケート結果を2015年2月号の『月刊仏事』上で発表いたしました。

 近年、人と人とのつながりの希薄化や高齢化により、通夜や告別式を行わず火葬のみの「直葬」が増加傾向にあると様々なメディアで報道され、「一般葬」や「家族葬」と同じように葬儀の種類の一つとして認識されるようになってきました。アンケート結果からは葬儀社の対応や施行件数、平均単価から見る「直葬」の現状と葬儀プランの多様化する兆候を確認することができました。


 葬儀全体の施行件数のうち葬儀の種類ごとの割合は、「一般葬または家族葬」が全体の74%、「直葬」が16%、「一日葬」が9%という結果になりました。直葬を選択する理由としては、「経済的な理由」が約6 割にのぼりました。次いで「葬儀の意味を理解していない」「宗教観の変化」「参列者がいない」となり、葬儀に関する知識の低下や社会的背景をうつす結果となりました。


 直葬の件数は「増えている」と答えた葬儀社が41%、「変わらない」が53%、「減っている」が6%となりました。このほか、葬儀の種類ごとの平均参列者数や直葬の平均単価、直葬を希望する遺族に対するはたらきかけなどを掲載しています。

 今回のアンケート結果から、直葬の認知度があがったとはいえ、「直葬」に明確な基準があるわけでもなく、「直葬」のさす意味も広義になり、一口に直葬といっても葬儀社ごとに「直葬」の捉え方にばらつきがあるようです。さらに、顧客の「直葬」に対する理解もあいまいな状況できめ細かい説明が必要なケースも多いようです。

 経済的な理由 や宗教観の変化、地域コミュニティ希薄・高齢による参列者減少 などから 今後 は さらに 「直葬 」に対して関心が寄せられること予想さます。 そして 、これ から 求められるのは 、型に はまったプランでなく 一人の要望 に合わせてオプション をつけた“直葬と一日の間”ラに合わせてオプション をつけた“直葬と一日の間”ラに合わせてオプション をつけた“直葬と一日の間”ラである と考えられ 、いち早く対応してる葬儀社も増えきます。
 このような状況で 思い描てた葬儀と実際に行われの間 のズレ が生じるの を防止し、悔い残らない葬儀を挙げてただくめ、鎌倉新書ではの種類比較が容易にきるようコンテツ ・サ ービスサイトの 拡充 を計画しています。


調査概要
調査主体:鎌倉新書
調査期間:2013年11月1日から2014年10月31日
調査方法:任意に選んだ全国の葬儀社(冠婚葬祭互助会・JA・生協も含む)にFAX・メールにて調査票を配布
有効回答数:217件(回答いただいた全葬儀社数)

「いい葬儀」直葬(火葬式)とは?  http://www.e-sogi.com/okonau/chokuso.html

『月刊仏事』とは http://www.kamakura-net.co.jp/service/butsuji/