読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉新書 広報担当のブログ

葬儀・お墓・仏壇など供養業界のマーケティング企業である鎌倉新書広報担当のブログです。

第7回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」の最終選考会が開催されました

こんにちは。鎌倉新書、書籍・コンテンツ事業部の小林です。
2016年7月28日、第7回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」の最終選考会が弊社会議室にて開催されました。

 

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」プロジェクトとは、亡くなった人に伝えたい思いや感謝の気持ちを綴ったお手紙を公募するものです。全国から寄せられた沢山のお手紙の中から、選考委員により16名の入賞作品(金賞1名・銀賞5名・銅賞10名・佳作100名)が選ばれました。

 選考委員は、作家、シナリオライターの毛利恒之さん、大阪大学名誉教授の塚崎智さん、そして鎌倉新書代表、清水祐孝が務めました。

(詳しいプロフィールはこちら

 f:id:ks_pr:20160728131032j:plain

選考委員が、お手紙に込められた思いやエピソード・表現などを基準として慎重かつ厳正に選考させて頂きました。

 

 日ごろは紳士的なお三方ですが、この選考会では毎回、熱く議論を重ねるので、進行役の私はかなり汗だくになります。。。

本日も、序盤からスーツの上着を脱いで、ワイシャツ姿になっていました。

 

今年は、前回の様に「若い女性からのお手紙が多かった」といった際立った傾向はありませんでしたが、男女問わず若い方からご高齢の方まで、幅広い層からお手紙をいただきました。

f:id:ks_pr:20160728130743j:plain


今回は、お父様との確執を綴ったお手紙でした。父への想い、憎しみ、そして深い愛が綴られているお手紙や、若いころ病院に勤めていた方が、その時に出会った方との想い出を語お手紙や、東日本大震災で亡くなったお父様へ送るお手紙がありました。

 

なお、今回ご応募いただいた方には、昨年もご応募いただいた方からのお手紙もありました。

 

温かい思いを込めたたくさんのお手紙をご応募頂きまして、誠にありがとうございます。この場を借りて、心より御礼申し上げます。

選考結果は、8月末に本プロジェクト専用サイトにて発表させていただきます。
選ばれたお手紙は今秋、書籍としてまとめられる予定です。

書籍を刊行いたしましたら、こちらのブログでご報告させていただきます。

 

www.tsutaetai.net

第4回「2017年卒学生向け会社説明会」ご好評頂き終了いたしました

こんにちは。鎌倉新書、人事部長の米川です。

2016年7月15日、弊社社内にて「2017年卒学生向けの会社説明会」を開催いたしました。

先月に引き続き、梅雨でお天気が不安定な中、多くの学生のみなさんにご参加いただきました。
ありがとうございました。

f:id:ks_pr:20160715162704j:plain

 

「会社説明」と「参加者とのディスカッション」の2部構成でお送りしました。

会社説明では、会社の強みや魅力をスライドで紹介しながらお話しいたしました。
また、新規事業の動画もご紹介いたしました。

f:id:ks_pr:20160715163154j:plain

こちらから「どのようなビジネスパーソンになりたいですか?」と質問を投げかけて、学生のみなさんがご自身の未来像、仕事のイメージを共有しあう場面もありました。

自身の将来について明確なビジョンがある方、悩んでいるかた様々です。
むしろ悩んでください。

f:id:ks_pr:20160715163129j:plain


学生のみなさんからの率直で純粋な疑問に余す所なく、お答えいたします。

 

基本的にはカジュアルなスタイルで、同じ目線に立ちたいと思ってますので

アンケート結果で「話しやすい」「面接をして下さい」等コメントを頂きますと
メチャメチャ嬉しいです。

弊社の採用だけでなく、来訪されたみなさんの企業研究に幅広く役に立つ情報も提供できるように、私たちも一生懸命取り組みます。

弊社にご興味のある学生のみなさま、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

メール  :hr@kamakura-net.co.jp (人事部採用担当宛)

TEL   :03-6262-3649

www.kamakura-net.co.jp

一橋大学イノベーション研究センター・東洋経済新報社共催の「第11回 一橋ビジネスレビュー・フォーラム」にパネリストとして登壇

こんにちは。鎌倉新書広報グループの中久保です。

2016年7月14日、品川インターシティホールで開催されました一橋大学イノベーション研究センター・東洋経済新報社共催の「第11回 一橋ビジネスレビュー・フォーラム」にて、弊社代表取締役社長の清水祐孝がパネリストとして登壇いたしました。

 

フォーラムのテーマは「変革」ということで、一橋大学の米倉教授のオープニングトークに始まり、株式会社日立製作所中西宏明取締役会長、マツダ株式会社金井誠太代表取締役会長の基調講演、最後にパネルディスカッションといった流れでした。

オープニングトークでは、GDPの伸び率鈍化などを引き合いに、なぜ今の日本に変革が必要なのかを問いかけました。その後の基調講演では日立が7800億という大赤字からの回復に必要だった変革、マツダはブランドメッセージである「Zoom-Zoom」を起点とした戦略についてお話がありました。

 

最後に「変革を起こす、実行者のリーダーシップ」ということでパネルディスカッションを行いました。トップかつプレイヤーとしての苦悩、会社の転機などを冗談も交えながら話が進んでいきます。

f:id:ks_pr:20160714161521j:plain

 

 

f:id:ks_pr:20160714161309j:plain

<写真>左から獺祭で有名な旭酒造の桜井社長、ライフネット生命の立役者である出口会長など各界の実行者とともに並ぶ弊社代表の清水

 


(旭酒造)桜井氏
「固有の技術を自分たちだけのものとする杜氏(とうじ:日本酒の醸造工程を行う人)と馬が合わず、杜氏が一人もいなくなってしまった。だから自分たちで作るしかなかった。」

 

f:id:ks_pr:20160714161505j:plain

(鎌倉新書)清水
父親から家業を手伝ってほしいと誘われ入社した。売上を超える借金があることを知り、仏教書の専門出版社から情報加工会社へ舵をきってきた。父親はいい人であったが、事業は苦手な人だった。借金の不安で夜は眠れないと言って昼間会社で寝ている。自分がやるしかなかった。これが順風満帆な会社であったら頭を使うこともなかったかと思うと、今では父親に感謝している。」

 

ライフネット生命)出口氏
「初めはインターネット保険なんて海外の事例をそのまま真似ればいいと思っていたが、存在しなかった。だから自分たちで考えるしかなかった。40兆の生命保険市場で、ライフネット生命は100億程度。まだまだやれることはたくさんある。」

 

それぞれのご経験から様々な示唆に富んだパネルディスカッションとなりました。

ご参加頂きました皆様ならびに関係者の方々、誠にありがとうございました。

「2017年卒学生向け会社説明会」ご好評頂き終了いたしました

こんにちは。人事部長の米川です。

2016年7月5日、弊社社内にて「2017年卒学生向けの会社説明会」を開催いたしました。

先週、先々週に引き続き、梅雨でお天気が不安定な中、多くの学生のみなさんにご参加いただきました。

ありがとうございました。

f:id:ks_pr:20160701162320j:plain

 

「会社説明」と「個別質問」の2部構成でお送りしました。

 

会社説明では、会社の強みや魅力、新規事業の取り組みをスライドで紹介しながらお話しいたしました。

f:id:ks_pr:20160701162508j:plain

 

出席者からの質問ベスト3をご紹介いたします。

 

1位.なぜ鎌倉新書に入社したのですか?

2位.入社したらどんな仕事をするのですか?
3位.社内の雰囲気は暗くないですか?

 

f:id:ks_pr:20160701163542j:plain

 <前回の会社説明会の様子>

 

この他にも、学生のみなさんの率直な疑問に余す所なく、お答えいたします。


弊社にご興味のある学生のみなさま、ぜひお気軽にご参加ください。
次回は、【7月15日(金) 16:00~18:00】に開催いたします。

弊社の採用だけでなく、来訪されたみなさんの企業研究に幅広く役に立つ情報も提供できるように、私たちも一生懸命取り組みます。

 

弊社にご興味のある学生のみなさま、ぜひお気軽にご参加ください。

 

メール  :hr@kamakura-net.co.jp (人事部採用担当宛)

TEL   :03-6262-3649

採用ページ:新卒者の皆さまへ

第10回「いいお墓」セミナー、ご好評頂き終了いたしました

こんにちは。お墓事業部の中坪です。

2016年6月29日、弊社主催、第10回「いいお墓」セミナーを開催いたしました。

セミナー担当者としては、梅雨時だけにお天気が心配で、6月初旬からてるてる坊主に祈る毎日でした。その甲斐あってか、当日は天気が大きく崩れることもなく、暑すぎずることもない絶好のセミナー日和となりました。

 

本セミナーは、現在お墓を検討されている方が、どうすればお墓をおトクに建てられるのかを学べるもので「全体セミナー」と「個別相談」の2部構成でお送りしました。

f:id:ks_pr:20160629141224j:plain

 

「全体セミナー」では、お墓事業部マネジャーの田中てっぺいが講師を務め、前職での石材店勤務の経験を交えながらお墓探しのポイントを語りました。

f:id:ks_pr:20160629141504j:plain

お客様の真剣さにお応えしようと、予定時間を超えるほどお話しさせていただきました。

 

後半の「個別相談」では、お客様がのお話しや質問に「いいお墓」相談員がマンツーマンで対応いたしました。

f:id:ks_pr:20160629152205j:plain

お客様のお話を聞き、お悩み一つ一つに丁寧に答えていきます。

幸いにも、セミナー満足度100%をいただくことができました(参加されたお客様からのアンケートによる)。


早速セミナー翌日に、ご紹介したおすすめの霊園に足を運ばれた方もいらっしゃいました。

f:id:ks_pr:20160629152134j:plain

 

ご参加のみなさま誠にありがとうございました。
墓地・霊園探しの「いいお墓」は、これからもセミナーをはじめお客様のお役に立つ企画を実施していきますので、ご期待ください。

 

www.e-ohaka.com

朝日新聞社主催の朝日新聞社内向け「最新の葬儀・お墓事情勉強会」にて講師を務めました

こんにちは。鎌倉新書、広報の榎本です。

2016年6月30日、朝日新聞主催の朝日新聞社内向け「お葬式・お墓に関する勉強会」が行われました。

講師は、弊社 書籍・コンテンツ事業部長 増澤が務め、質疑応答には葬儀担当の小林とお墓担当の草川もお話しいたしました。

 

f:id:ks_pr:20160630160926j:plain

 

f:id:ks_pr:20160630161006j:plain

 

「最近の葬儀、お墓事情」というテーマで、葬儀やお墓のことをお話いたしました。

葬儀では、「家族葬」「一日葬」、お墓では「永代供養墓」「樹木葬」など、最近よく目にするようになった言葉やこれらの人気の理由や社会背景を、データを元に説明いたしました。

f:id:ks_pr:20160630163336j:plain

 

質問では、「葬儀は一度に100万円以上するサービスを2時間以内という短時間で決定しなければならないという、非常に特殊なサービスで、非常に情報格差がある状態だが、どのようにしたら解消できると思うか」、
「散骨における注意点はどのようなことか?トラブルはあるのか?」
など新聞社の方ならでは、多くの鋭い問いかけをいただきました。また、ご自身が経験されたご葬儀や納骨を振り返りながら率直に疑問をぶつけていただきました。

f:id:ks_pr:20160630165959j:plain

10回以上の質疑応答では、様々な角度からエンディングについて詳しくお話しさせていただきました。

 

報道機関関係者様や読者様のエンディング業界に対する関心の高さを、肌で感じることができる貴重な場を提供いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のマスコミ試写会に行ってきました

こんにちは。鎌倉新書、広報の榎本です。
6月下旬に、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のマスコミ試写会に行ってきました。

 

f:id:ks_pr:20150615163323j:plain

配給:クロックワークス

宮沢りえ杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼/松坂桃李オダギリジョー
脚本・監督:中野量太
主題歌:きのこ帝国「愛のゆくえ」
配給:クロックワークス
©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

atsui-ai.com

 

プレス資料より一部引用します。
――――――――――――――――――――――――

銭湯「幸の湯(さちのゆ)」を営む幸野家。
しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。
母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートしながら、娘を育てていた。
そんなある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。
その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる
◆気が優しすぎる娘を独り立ちさせて
◆娘をある人に会わせる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、
彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。
そして家族は、究極の愛を込めて母を葬る(おくる)ことを決意する。

――――――――――――――――――――――――

 

「死」がテーマの映画ですが、暗すぎるわけではありません。
しかし、「母と子の家族愛」「生きている間の人間関係」や「死」「供養」と
きちんんと向き合っている作品です。


現在、私は育児中なので、劇中に出てくる多様な親子関係に、様々な思いがよぎりました。

中学生の子供がいるのに余命2ヶ月と宣告されることの辛さ、
思春期の子供との向き合い方、母と子の別れの辛さ・・・
始めから終わりまで、ハンカチを手放すことができませんでしたが、
鑑賞後は清々しい気持ちになれる作品です。

 

この家族の熱い愛と、大きな秘密を共有しに、ぜひ皆さんも劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

10月29日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショーです。

 

この映画の関連記事を弊社の『月刊仏事』に掲載予定です。
こちらもお楽しみに。

 

www.kamakura-net.co.jp