【かましん大学】Vol.1 - 葬儀の流れ - 多様化してきている葬儀の流れを知る

こんにちは。広報担当の古屋です。

 

鎌倉新書では社内プロジェクト制度(以下:PJ制度)というものがあり、いくつかのプロジェクトが走っています。

ちなみに、過去は「サンクスPJ」というものも。

 

ks-pr.hatenablog.com

 

昨日、新たに立ち上がったPJの記念すべき第1回目の活動が行われました。

 

その名も、

かましん大学

 

鎌倉新書には、毎月多くの仲間が入社してくれています。

同業界からの方も、そうでない方も。

 

それぞれの配属先で高いパフォーマンスを発揮していますが、社歴の長い社員とどうしてもすぐには埋められない溝、それは・・・・

 

「業界理解」「顧客理解」「企業理解」。この3点が代表的かと思います。

これらを解消しようと立ち上がったのが、かましん大学PJです。

対象は全社員。業務時間外にはなりますが、誰でも参加することができます。

 

ここからは、実際の講義内容を写真を交えてお届けしていきます。

受講風景

講座名:かましん大学Vol.1 - 葬儀の流れ - 多様化してきている様々な葬儀の流れを知る」

講師:お墓事業部所属 奥村

講師プロフィール:愛知県名古屋市出身、埼玉県在住。大手葬儀社で11年程施行スタッフを経験し、お客様に寄り添い続けてきた。かましん大学運営メンバーの1人。

f:id:ks_pr:20200213184756j:plain

前職では講師の経験もあるとのこと

f:id:ks_pr:20200213180418j:plain

開始前から、続々と社員が集まっています

参加者の部署や役割は本当にさまざま。

「いい葬儀」コールセンター担当はもちろん、人事部長、経理担当、社長秘書までも!

f:id:ks_pr:20200213181212j:plain

緊張のあまり冷や汗を拭う(笑)

f:id:ks_pr:20200213181254j:plain

資料が配布されます

一般的な葬儀の流れをお客様視点で理解するため、東京23区で仏式葬儀を例にとり、各項目で実際にどんなことを進めていくべきか、1つ1つ説明していきます。

葬儀社勤務時代の具体的なエピソードも交えながら、注意点や段取りなども解説。

f:id:ks_pr:20200213190830j:plain

講義終了後も熱心に質問をする新卒2年目

受講社員からの声

・実際に体験した事例を交えての話だったので、リアリティあるし納得感があった。
・葬儀について葬儀社側の視点で様々なプロセスを知ることができた。
・葬儀のプロセスにありがちなトラブルやお布施の相場など、ためになる情報が過不足なく盛り込まれていると思った。

・一緒に働いている仲間がどういうお仕事をしているのか知れたし、業界知識が深まった。

 

次回の講義内容

Vol.2は、お墓の基礎知識  - これであなたもお墓通 - 

誰もが1度は頼ったことがあるであろう、「ミスター供養」

一体どんな講義内容となるのでしょうか?!

講師とPJメンバーのみなさん、お疲れ様でした!

f:id:ks_pr:20200213192254j:plain

「無事に終わってよかった~」と安堵の表情

今回の講義は、自らの知識との答え合わせの時間でもあり、新たな発見の場でもあり。

葬儀というものの奥深さを改めて感じる場でした。

 

今回のような終活領域の専門的な内容から、経営指標の読み解き方、サイト構築の基礎的な理解まで。

私たちは今期、新規事業を立ち上げたり、既存部門をさらに拡大したりと、やりたいこと、やるべきことがたくさんあります。

かましん大学は、

  • 業務に直接役立つ知識とお客様の理解を深める
  • お客様のニーズを具現化する
  • 知識の差による部門間コミュニケーションの円滑化

など、多くの役割を担ってくれるはずです。

PJメンバーの皆さん、次回以降の講座も楽しみにしています!

 

 

第三幕、はじまります。

 

こんにちは、鎌倉新書 広報の加藤です☺

 

今週半ばから急に寒くなりましたね、コロナウイルスも心配です。

みなさん、出来る限りの予防はやっていきましょう!

 

 

鎌倉新書は2月より37期に入りました。

今回は、2月3日(月)に行われたkick offの様子をお届けします!

 

 

f:id:ks_pr:20200203010039j:plain

 

まずは社長から期初のメッセージを。

私たちが目指す未来を全員で再確認する時間です。

 

その後、各部のリーダーが36期の振り返りと37期のアクションを発表。

私たちがやるべきことを全員に共有する時間です。

 

 

そろそろリフレッシュを、という事でレクリエーションの時間☺

kick off運営チームがドミノを用意してくれました!

 

37期を表すものを各部がドミノで表現し、全体が繋がるように設計していきます。

気を付けないと隣のテーブルを揺らしてしまうので、とても怒られますし、怒ります(笑)

 

 

f:id:ks_pr:20200203035301j:plain

 

 

f:id:ks_pr:20200203032107j:plain



 

良い感じに出来た~!!残り5分というとき。

 

「ああああああああああああああああああああああああああああああ」

「ええええええええええええええええええええええええええええええ」

 

ちょうど真ん中にいた部のドミノが倒れ、繋がっていた他の部のドミノも綺麗な音を立てて倒れていきました。

 

お決まりのやつです(゜゜)

ショックでこの後の写真が撮れていません。

 

残り1.2分で修正し、何とか形になりました(笑)

個人的にはものすごく楽しかったです!!

 

 

最後のワークは、36期から導入したOKRのディスカッション。

去年の結果をもとに各部で37期verにブラッシュアップしていきます。

 

ドミノゲームで燃え尽きたメンバーもいましたが、楽しく、かつ真剣に話し合いをした模様。

 

 

kick off のあとは、お待ちかねの懇親会☺

36期MVPの発表、クイズ大会と大盛り上がりでした!!

 

たくさんパワーを使った日は、おいしいごはんを食べるのが一番。

⇩今回も大好評だったケータリング

 

f:id:ks_pr:20200203182033j:plain

ドミノゲームで気力・体力ともに消費したメンバーは、乾杯後、一目散にケータリングに突進していきました。

30分くらい経ったらもうごはんが無かったです…(';')

 

よく動き、よく食べ、よく寝る

 

これが一番の健康法です!

 

みなさん、一日お疲れさまでした☺

 

 

鎌倉新書は、今、第3変革期を迎えています。

 

仏壇仏具業界向け書籍の出版

第1変革期

供養業界の出版社

第2変革期

供養XIT のプラットフォーム企業

第3変革期

超高齢社会におけるシニアの課題解決企業 へ、更なる壮大な進化を目指します。

 

 

今期はどんな困難が待ち受けているのでしょうか、ワクワクしますね。

逞しい仲間たちと突っ走っていきますよ!

 

さぁ、第三幕の幕開けです。

 

 

社長と天丼食べましょう

 

こんにちは、鎌倉新書 広報の加藤です☺

 

暗くなるのが遅くなってきた今日この頃。

なんと今日で2020年の1月が終わります。

そして2月は祝日が多いのです。

みなさん間違ってアポイントメント入れないようにご注意ください!

 

 

さぁさぁ本題です。

 

みなさんの会社では社長と一緒に食事をする機会はありますか??

 

会社が大きくなり、新しい仲間が増えると、経営陣との距離は遠くなりがちですよね。

そしてメンバー同士でも、顔と名前が一致しない!ということが多発します(´・・`)

 

最近は新しい仲間が続々と入社しており、

 

エレベーターホールで会ったときに

「見たことはあるけど、名前が…」

「知ってる気がするけど、違ったら恥ずかしいから挨拶しようか迷う」

 

といった声をよく聞きます。

そろそろみなさんに名前付きゼッケンでも付けてもらいましょうかねぇ(';')

 

そんな中、まずはトップからとの事で「社長と天丼食べましょう」を開催しました!

(今勝手に付けました)

 

f:id:ks_pr:20200131171801p:plain

 

今回は鎌倉新書御用達の天丼を注文☺

病みつきになる美味しさとのこと。

 

f:id:ks_pr:20200130121409j:plain

天どーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

個人的には天つゆの染みたご飯が好きです。

 

 

f:id:ks_pr:20200131172027p:plain


入社10年以上のメンバーもいれば、入社して1ヶ月のメンバーもいます☺

部署やチームもバラバラです。

お互いのキャリアや会社の目指す姿など、普段はなかなか聞けない話も出てきました!

 

会社が大きく変化していく時期だからこそ、こういう機会を大切にしたいですね。

主催者のJさん、ありがとうございます!

 

 

鎌倉新書は明日より37期に入ります。

今期も本当にお疲れさまでした!

来期もさらにパワーアップして、進んでいきましょう。

まだ誰も見たことのない世界へ。

 

【部活動記録】aroma部始動!

こんにちは!広報担当の古屋です。

 

またひとつ、部活動が立ち上がりましたので、活動報告をします。

その名も・・・

 

『aroma部』

※アロマ部

 

鎌倉新書では部活動制度というのがあります。

 ①部員が5名以上かつ3部署を跨いだメンバーが参加すること

 ②広報ブログに活動報告をあげること

を満たすと年間5万円の活動費用が補助されます。

 

メンバー募集

f:id:ks_pr:20200124124142j:plain

社内コミュニケーションツールで、aroma部員募集の呼びかけ

私の場合、コーヒーや紅茶のかおりは大好きだけど、朝は時間が取れないし、昼はコンビニコーヒー、休日は自宅のコーヒーメーカーにお任せの日々・・・

「これは良き!!!」と思い、古屋も部員となりました!

 

今日1/24は、待ちに待ったaroma部第1回目(kickoff)の活動。

テーマは『コーヒー』

ランチの1時間を使って、kickoff。@フリースペース「はらっぱ」

7名の部員が集まりました。

f:id:ks_pr:20200124125434j:plain

f:id:ks_pr:20200124125431j:plain

kickoffのお知らせ

f:id:ks_pr:20200124120723j:plain

今日のコーヒー


左から順に、山下持参のミル(本格的!)・グアテマラ・コロンビア

豆によって香りが全然違いますよ!

f:id:ks_pr:20200124113400j:plain

まずはコロンビアから…♬

f:id:ks_pr:20200124120556j:plain

小さいミルも持参。持ち運ぶにはいいですね!

f:id:ks_pr:20200124113747j:plain

ランチも持ち寄りで

f:id:ks_pr:20200124113623j:plain

児玉×マスターで『コダマスター』

『黙って飲んでもらっていいですか?』

ランチにコーヒーを持ち寄って集まるという行為にすっかりテンションが上がり、収集がつかなくなった部員たちにコダマスターが放った一言。

アロマオイルの調合も経験済みの、部員一女子力高い系男子。

 (ティファールはご愛嬌・・・)

 

f:id:ks_pr:20200124114246j:plain

注いでいきます

そしてついに、その時が。

待ちに待った挽きたてコーヒーを味わうお時間です!

フリースペースに良いかおりが広がっていきます・・・♡

 

挽いて、味わってみての感想

 ◆コロンビア 200g・500円

ロースト感のあるかおりで、「俺はコーヒーだぜ!」という苦味走るようなガツンと感。

酸味がなく二日酔いに効きそうです。

総合評価:コク★5 香り★5 甘味★2 酸味★2 苦味★2 「男味★4」

 

グアテマラ 200g・700円

華やかなかおり。ストレートで飲めて後味すっきり!

総合評価:コク★5 香り★4 甘味★4 酸味★3 苦味★3

 

そんなこんなで無事終了

f:id:ks_pr:20200124135856j:plain

最後に記念撮影

記念すべき第1回目の活動は無事終了!

ランチ時間内にもきっちり収まりましたよ!

鎌倉新書には他にもテニス部、釣り部などもありますが、社内で気軽にできる部活動も魅力的ですし、午後の業務に備えてリフレッシュにもなります♪

 

かおりにまつわる活動をするaroma部。

次回テーマは「エッセンシャルオイル」です!乞うご期待。

現場からは以上です!

働く環境。

こんにちは!

広報担当の古屋です。

 

お正月ムードもすっかり消え去り、社内でも活発な議論が行われている今日この頃・・・

 

さらに活発な議論・コミュニケーションを図ることを目的にした、

 

新オフィスを公開します。

 

「え?鎌倉新書ってこの前オフィス移転したばっかりだよね?」

と、お気づきのあなた。いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ks-pr.hatenablog.com

 

実は、現在オフィスのある「兼松ビルディング」の別フロアもお借りすることになりました。

前置きが少し長くなりましたが、今回はまだ工事中の新フロアをチラ見せしていきます。

 

f:id:ks_pr:20200116171709j:plain

スカイツリー見えるよー!」と、はしゃぐ若手たち。

 

f:id:ks_pr:20200116171747j:plain

ガラス張りの会議室。

「オープンでフラットな組織」を目指す鎌倉新書にぴったりです。

 

f:id:ks_pr:20200116171800j:plain

こちらはブレストルーム。扉がないのが特徴的で、開放的。活発な議論ができそうです。

ちなみにこの周囲の箱のようなものは、飾り棚として使用する予定だそう。

 

f:id:ks_pr:20200116171817j:plain

執務エリア。身軽に移動できるように、引き出しなどは一切ありません。

奥の白い壁は、全面ホワイトボード!メンバー間の認識合わせに使用したり、アイディア出しをする際などに活躍しそうです。

 

f:id:ks_pr:20200116171829j:plain

別角度から見たフリースペース。いたるところにコンセントがあるのは嬉しいですね!

 

f:id:ks_pr:20200116090104j:plain

 

f:id:ks_pr:20200116172433j:plain

早速ミーティングしている社員を発見!

社員数も増え、現状のミーティングスペースが満杯なこともしばしば・・・

なので、先駆けて使用している社員もいます。

立場や役職関係なく、フラットにコミュニケーションを取ることができる空間がいいですよね。

この風景も、部署や役割を超えた社員が入り混じっていますよ。

 

f:id:ks_pr:20200116172814j:plain

集中ゾーンもあります。

周囲の情報をシャットアウトして集中することもできるので、自分のスタイルや状況に合わせて、働く環境を変えることができます。

業務の効率化を図れそうですね。

 

さて、「チラ見せ」と言いつつも、結構お見せしてしまいました。

 

新フロア開放日も迫ってきました。

まだまだ拡大を続ける鎌倉新書は、来月2月が期初となります。

「供養のIT企業」から、「終活のIT企業」へ。

社内環境を整え、業務の効率化を図り、羽ばたいていきます。

 

最後に、リクルーティングのお知らせ。

「こんなオフィスで働きたい!」「一度見学に行きたい!」など、きっかけは何でもOK。

一緒に働く仲間を募集しています。

 

hrmos.co

www.wantedly.com

 

f:id:ks_pr:20130305101937j:plain